高額療養費制度の存在に気が付く 〜蓄膿症・ちくのう症・慢性副鼻腔炎の治療日記〜

手術のために入院する際に注意したいのが高額療養費制度です。入院する日程によって自己負担が!?
蓄膿日記 > 高額療養費制度の存在に気が付く

7.高額療養費制度の存在に気が付く

2004年7月16日

手術のために、9月末に入院することになっていた僕ですが、昨日なにげに見た本で衝撃を受けました。

かしこい患者になろう―得する医療保険制度の活用早わかり
かしこい患者になろう―得する医療保険制度の活用早わかり

なんでも、健康保険には「高額療養費制度」っていう制度があるんだそうです。
簡単にいうと「長期入院とかで医療費が高額となった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される制度」だそうなんですよ。

なんてすばらしい制度なんでしょうか!
手術費用が35万とかいわれて衝撃を受けた僕にぴったりじゃないですか〜。毎月ちゃんと健康保険を払っていて良かった(笑)

しかし、落とし穴が。
↑で言うところの「高額」は1ヶ月単位で査定されるんですよ。おまけに給付も1ヶ月ごとに計算されるため、
たとえば同じ10日間の入院でも9/29〜10/8までの入院と、10/2〜10/10までの入院とでは自己負担額が倍ほど違うんです!

9/29に入院なんて、最低の選択じゃないですか!
これはいけません。どうせなら自己負担が軽いに越したことはありません。緊急を要するわけでもないですから変更ですね。

というわけで、早速病院に電話。
10月半ばに変更し、安心安心〜。

→ 8.術前検査を受ける



蓄膿日記 〜蓄膿症・ちくのう症・慢性副鼻腔炎の治療日記〜